今年1輪目のサボテンの花。10年近く前に京都市植物園のサボテン展か何かに行ったときに、お土産にいただいたもので、ほぼ毎年花を咲かせてくれます。本体の大きさに対して花のサイズがとても大きく、花が咲くたびに、こんなに大きな花を咲かせて枯れてしまわないかとちょっと不安になる。花びらはかすかにピンクががかった透けるような白で、においはなし。本体がちょっと無骨な感じなのに対して、花は姿も質感も幻想的。サイズ的にもイメージ的にもアンバランスなのがこのサボテンの魅力。 (2004/6/15 A.I.)

 


  ミーノン日記・トップページ
次へ→