手織機(ておりばた)や織道具を製作・販売されている、西陣の佐内機料店さんにて織の体験をさせていただく。

←上写真は50センチ巾くらいまでの布を織ることができる本格的な西陣の機。ちょっと座らせてもらいました。がっしりしてびくともしない。
体験コースで実際に織らせてもらうのは、もう少し小型の機で、ざっくりした木綿のティーマットが出来上がりました。
織は初めての体験だったけれど、とても楽しくて、もっとずっと織っていたかったー。 (2004/8/28 A.I.)

→写真は、佐内機料店店主、機大工(はただいく)の山口さんが作られた、織道具のミニチュア・・・しかも、ガラスのボトルに入っている!?ボトルシップ(昔、ヨーロッパの船乗りさんが空いた酒瓶を利用して作り始めたという、ボトルの中でミニチュアの船を組み立てるクラフト)のノウハウを生かして作っておられるそうです。磁石を使ってボトルの中で糸を巻くなど、いろいろな工夫が凝らされています。色とりどりの糸がきれい。
他にもこんなボトルがあります。
佐内機料店さんの案内もこちら。


←戻る ミーノン日記・トップページ
次へ→