繊細なつくりのアンティークジュエリーのよう・・・・・


答えは、「ボタン」!です。
これらはとある京都のボタン店オーナーのコレクションなのです。フランスで買い求められた、50〜100年くらい前の合金、ベークライト、ポリ、木、セラミックなどの、装身具のようなボタンたち・・・公開のご了解を得た80点あまりのボタンをこのページでご紹介します。
<2005/06/12 A・I>



こちらはあま〜い砂糖菓子のよう・・・・・一体なんでしょう?


 
 ↓こちらからどうぞ。
  ●メタリックなボタン
  ●スイートなボタン
  ●モダンなボタン
  ◆ボタンの店・エクラン
  *今回掲載している全てのボタンの写真のクレジットは
    エクランさんにあります。無断転載禁止です。