野草茶を作るって、楽しい

初夏に湖西の野山で野草を摘んで、自家製の野草茶を作リ出してもう5年目。
柿の葉茶の作り方を友人に伝授してもらったことがきっかけでその楽しさに開眼したのです。
柿の葉からはじまり、徐々に野草の種類が増えて、クマザサ、スギナ、ドクダミ、ビワ、ヨモギ、青ジソなども。摘み取ったあと洗って、そのまま乾燥(日干しor日陰乾燥)するもの、蒸してから乾燥するもの、小さくカットしてから干し上げるもの、乾燥してから焙煎するもの、また、それらの処理が重なるもの、資料を見てもいろいろです。
出来上がった野草茶に、深焙煎のはと麦と焙じ番茶をほんのひとつまみずつ加えるなど飲みやすいブレンドを試行錯誤しているうちに、好みの味がイメージできてきて、何となく我が家流のレシピができて来たところです。毎年親しい方にお送りできるのもうれしい野草茶です。

(2005/10/16 S.I.)



青じそをざるに載せて天日干し



熊笹やどくだみは物干しに吊り下げて天日干し



細かく刻んでそれぞれに焙じた野草を
最後にブレンド

←戻る ミーノン日記・トップページ
次へ→