トースターの熱線茫と霜の朝  今井聖

霜が降りるような寒い朝のトースター、そしてぼぉっ(茫・ぼう)と赤くなってゆく熱線、それだけで妙に懐かしく、トースターが暖まるまで待っている時間の、起きたてで頭がぼんやりした感じなんかも出ていますね。赤と白のコントラストも気持ちよい。
(2008/01/15)




←戻る ミーノン日記・トップページ
次へ→