梅雨の頃鳥取砂丘を旅したTさんからもらった写真。(アップが遅くてごめんなさい。)
波間に見えるのはクジラ岩。
この頃の鰯雲は水分をたっぷり含んでますね。
京都では、立秋(八月七日)までは雷(夏の季語)が続いていたのに、それを過ぎると稲光(秋の季語)に変わりました。今年は偶然そうなのかも知れないけど、季節の区切りってけっこうはっきりしてるのだなーと、感心する今日この頃。
(2008.08.10)





←戻る ミーノン日記・トップページ
次へ→