但馬高原植物園第二弾、秋編。
今回は、光と影のコントラストが美しい季節。
そして朝には、幻想的な霧の中の風景。
前回は休館日だった、
「木の殿堂」を訪れることもできました。
建築は安藤忠雄氏によるもの。
手の混んだ贅沢な空間でした。
中には木のおもちゃコーナーがあり、
小さな子どもなら一日楽しめるところでしたよ。
また次は真夏に訪れてみたいと思いました。
標高680mの高原なので、
真夏は花で賑やかなのでしょうね。




←戻る ミーノン日記・トップページ
次へ→