カリンのジュレ

<材料>
・カリン:1キロ
・水:約1.5リットル
・レモン汁:1/2個分
・甘蔗糖:カリン煮汁の重さの約70%

<作り方>
1.カリンはたわしでごしごし洗って、皮、種、芯をつけたまま2センチくらいの輪切りにする。
2.パスタ鍋に中子(ざる)をセットし、カリンと水を入れ火にかけ、沸騰したら中〜弱火で30〜40分煮る。
3.カリンが柔らかくなれば、ざるごと引き上げ、果汁が落ちるのを待つ。
4.こした液をステンレス鍋に入れて一晩置く。
5.カリンの上澄み液をすくい取り、その重さの約70%の甘蔗糖とレモン汁を加え、
    時々木じゃくしで混ぜながら中強火で30分くらい煮る。
    途中お皿に数滴落とし、傾けてもやや粘りがあればOK。まだとろみはついていない。
6.熱いうちに熱湯消毒した瓶に入れ、すぐ蓋をする。

※1:完熟したカリンの皮、種、芯にはペクチンが多く含まれるので、煮るととろみがでる。
※2:鍋はステンレスを使用。中子が便利。漉し袋を使うほどではない。
※5:冷めてプルっと固まれば完成。2度目に煮たときはとろみが薄く、もう一度煮直しました。