季節のレシピ「桜餅」

材料(10個分)
・桜の葉の塩漬け…10枚
・道明寺粉…100g
・こし餡…200g
・砂糖…30〜40g
・食紅…ごく少々
・熱湯…150cc

1.
道明寺粉をボウルに入れ、熱湯を注ぎ入れ、食紅を落とし、すこし揺らして(色がまんべんなくひろがるように)布巾を掛けておく。約10分間。

2.
桜の葉は水洗いし、熱湯をかけ、ふいておく。

3.

こし餡は20個に分け、丸めておく。

4.
蒸気の上がった蒸し器に濡れ布巾を敷き、1.のタネをひろげて蒸す。約15分間。

5.
ボウルにタネを入れ、砂糖を少しずつ振り入れながらしゃもじで折り込むこように混ぜ合わせる。

6.
掌に手水をつけ、タネをひろげこし餡をのせ、指先でもちあげ包む。タネを指でつまむようにしてまとめる。

7.

桜の葉は、裏側を上にして6.を巻く。 できあがり!


*桜餅は、手間入りのように見えて実はとても簡単。1時間もあればたちまちできてしまうんです。しかもビックリ!の美味しさです。

*作り立てよりは、半日か一日寝かせた方が美味しいのは、砂糖の甘さや桜の葉の香りが生地になじむからでしょうね。おやつに、春のおもてなしにぜひどうぞ。

*桜の葉や道明寺粉は、食品スーパーなどでも買えますが、京都は和菓子屋さん専門の菓子材料を扱うお店があり、その近くを通ると必ず買ってしまういろんな粉類。白玉粉・わらび餅粉・餅粉・上新粉・くず粉・道明寺粉etc.そして、桜の葉。いつもストックしておきます。

ミーノン日記トップへ